摂津金属工業株式会社
19インチラック・ケース・トランク・サブラックなど、「ハコ」づくり一筋の専門メーカー
お問い合わせお問い合わせ

SDGsへの取り組み


「SDGs(Sustainable Development Goals, 持続可能な開発目標)」とは、国連サミットで採択された国際目標です。経済・環境・社会の各側面における「持続可能な開発」を課題として国際社会全体で取り組み、2030年を達成目標としています。また国際社会だけでなく中小企業にとってもSDGsは取り組むべき社会的課題です

摂津金属工業では2050年の創業100周年を目指しており、SDGsの掲げる2030年の延長線上に当社の未来が存在すると考えます。全社を挙げてSDGsの理解と導入を行い、社会に必要とされ続ける会社運営を行って参ります。
 





SDGsについての詳しい情報は< 外務省ホームページ >をご確認下さい。

 

 


健康宣言

摂津金属工業は社員一人ひとりの健康が、企業の活性化と持続的成長につながると考え、社員が健康で働ける職場環境の整備と、健康意識を高める活動を進めます。
当社の経営ビジョンである、『創業100年企業』を多くの方と共に目指すために、健康を維持し高齢になっても働き続けられる会社づくりに努めることを宣言します。







・働きやすい職場環境づくり
老朽化に伴う職場の衛生環境の整備とともに、女性スタッフの増加に対応するため改装や設備の更新を行います。

・女性のエンパワーメント
女性の雇用を推進しており、女性の雇用比率は2016年11%、2017年12%、2018年12%、2019年14%と年々増加しております。
2030年までに女性の雇用比率を20%とする目標を掲げます。
工場では、重量物の作業が可能になる機械の導入や、背の高さに合わせた作業台の整備などを進めております。

・外国人研修生の環境
外国人研修生の寮を新しく購入し、内装リフォームを行いました。隣接する敷地内では家庭菜園を楽しんでいただいております。
外国人研修生には、懇親会や社員旅行等の会社行事への無償参加を実施しており、コミュニケーションの円滑化と日本文化に触れ合う機会の増進を進めております。

        
  寮外観   内装リフォーム   家庭菜園


・働き方改革による長時間労働の排除
労働生産性向上のために全社員の意識向上を行い、またシステムやロボット導入による仕事の効率化により、時間外労働の削減を行っております。




環境の保全

・ISO14001の順守
企業活動による消費エネルギーの低減を行い、CO2の排出量を削減する目標を立てております。



・ロジスティクスによるCO2削減
エネルギー消費量の削減は大きな課題となっております。
主な最終消費地である関東地方の工場の生産能力、在庫量の増強のため、2018年に千葉県柏工場の増改築を行いました。
また、従来の4トントラックによる配送から10トントラックでの配送へと切り替えを行い、便数を減らすことで
CO2排出の削減に取り組んでおります。
2020年には千葉県馬橋工場に倉庫機能を設ける改築を実施し、この課題への取り組みを強化していきます。

・環境配慮製品
主力製品の19インチラックシリーズについては、グリーン購入法に適合し、GPNエコ商品ねっとに掲載済みです。

ネットワークラック SNR2シリーズ
サーバーラック SSR2シリーズ
キャビネットラック FDCシリーズ
キャビネットラック RKCシリーズ



 

 

 

公正な事業

・ISO9001の順守
品質管理体制を整え、高品質な製品とサービスの提供に努めています。


・製品の安全性確保
グリーン調達対応の新製品の開発件数を向上させ、環境に配慮した製品作りを行なっております。




経済価値の実現

・独自の商品開発
特許や意匠など知的財産の創出と活用を行い、競争力のある製品開発を行っております。

・ブランド優位性
幅広い実績と高い信頼を誇る「SETTSU」ブランドの19インチラックと、高い品質と機能的なデザイン「IDEAL」のケースの両ブランドによりお客様に最適な「ハコ」を提供しております。
2019年は70周年記念事業として、IDEALブランドの「復刻版真空管アンプケース」の発売を行いました。


創業70周年記念「復刻版真空管アンプケース」

・強固な経営の基盤
継続的で安定的な生産活動を行うべく、費用対効果を勘案した計画的な設備投資を行います。




地方創生

・岡山エコ事業所
岡山県が認定する循環型社会形成に取り組む事業所として、美作工場が登録されております。

・岡山美作工場見学会
「地域交流」「若年者の育成」の一環と位置付けて、積極的な活動を行っています。
見学会詳細

 

 



 


SDGsに関するお問い合わせ
総務部 TEL 06-6992-1013
担当 藤井、北谷