摂津金属工業株式会社
19インチラック・ケース・トランク・サブラックなど、「ハコ」づくり一筋の専門メーカー
お問い合わせお問い合わせ

19インチラックに関するソリューション


耐 震

地震から情報機器を守る耐震ラックを多数ラインナップ

データセンターなどでは地震から大切な情報資産(データ)が集約されるサーバー等を保護するため、19インチラックの耐震性能が重要視されています。サーバーラックをはじめ、多くの弊社製品では19インチラックの耐震性能について、CAEや耐震試験等で、耐震強度の確認を行っています。


■ 耐震ラック 主要製品


熱 対 策

自然換気や強制空冷等により、機器を熱から守り、寿命を伸ばします。

機器の高密度化や発熱量の増加に伴い、19インチラック内の熱に対する問題が重要な課題となっています。
弊社では長年の電子機器用の筐体製品に関わってきた経験を生かし、ラック内の熱に対して放熱性が高いラックや熱対策用のアクセサリーを幅広く揃え、熱に対する様々な対策をご提案しています。
■ 自然換気(自然放熱や、搭載機器のファンによる換気)
各種サーバーラック(サーバーラック SSR2シリーズ 他
排熱の流れ
■ ファンによる空冷(ラックの吸排気、機器の局所空冷、部屋の熱だまりの抑制)
各種ファンモーターを使用することで、19インチラックの空冷が可能です。
ファンモーター他
■ クーラーによる冷却
密閉型のサーバーラック等の冷却にクーラー等を使用することで、搭載機器を熱と埃から守ります。
ラック用クーラー SCNシリーズ
■ キャッピング
データセンターの吸気通路を壁や屋根で囲むことで、二重床からの空調機からの冷気と、サーバー等からの高温排気を分離できるため、機器を適切に冷却し、空調機の冷却効率の向上を実現します。

防 音(静 音)

静かで快適なオフィス環境をご提供する19インチサーバーラック

騒音ストレスのない快適なオフィスのためには、騒音対策が必要になってきます。
オフィスにサーバーを設置する際に問題視される点として、サーバーから発生するファンの騒音が挙げられます。音を静かにするためにはサーバーを密閉する事が最も効果的です。
しかし、サーバーの発熱量は大きく、密閉度が高ければ高いほど放熱が困難となり、サーバーがダウンするリスクも高くなります。
そこで弊社では、防音性と放熱性という相反する問題を同時に解決した防音ラックを開発し、ご提供しております。


小型防音ラック FSPシリーズ 約30dBの防音化を実現!

 

中型/大型防音ラック NBSPシリーズ 約22dBの防音化を実現!

防 塵(屋内)

高い防塵性能を発揮する、スチール製19インチラック

工場の生産工程など粉塵等が発生する設置環境の場合、システムのトラブルが発生しやすくなります。そこで、大切なシステムを守るために開発されたのが「防塵ラックDPRシリーズ」です。ラックの性能次第で機器の寿命や機動性が大きく変わります。
防塵ラックDPRシリーズの場合、ラックマウントサーバーが搭載できるサーバーラックとして使用できることが大きな特徴です。


防塵ラック DPRシリーズ 防塵性能はIP5X相当

 

防塵・防水(屋外)

屋外情報通信システム等の構築に適した、防塵防水仕様の屋外型19インチラック

屋外情報通信システムに適した、防塵防水対策仕様の屋外型19インチラックをご用意しております。防災無線、無線監視、VICSなど、情報通信システムの屋外無人基地局に適しています。日除け板付であれば、直射日光による温度上昇を軽減できます。
(寒冷地への設置や塩害対策等については別途お問い合わせください。)


屋外ラック WPRシリーズ 保護等級はIP54

大型屋外ラック WPRGシリーズ 保護等級はIP55相当

グリーン購入法

環境負荷が小さい19インチラック製品をラインナップ

グリーン購入法は、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」が正式な名称になります。国の機関や都道府県・市区町村などの地方公共団体、事業者、国民、製造メーカーのそれぞれが、グリーン購入を推進・義務づけることで、持続的発展が可能な社会の構築をめざすものです。特定調達物品等として18分野に分かれており、弊社の登録製品の19インチラックは、オフィス家具等の収納用什器に該当します。この中で、判断の基準・配慮事項が定められており、基準をクリアした製品をグリーン購入法適合製品としています。

キャビネットラック RKCシリーズ
キャビネットラック FDCシリーズ
サーバーラック SSR2シリーズ
 

 

電磁波シールド

情報漏えいと破壊を防止するシールドラック

昨今、企業や自治体からの情報漏えい事件が多発しており、情報セキュリティ対策が急務となっています。現代社会における最重要資産は「情報」とも言え、この情報資産(データ)が集約される場所がサーバーです。モニター画面・ケーブルなどから出されるノイズを解析し外部から盗み見られるテンペスト(電磁波盗聴)や、外部から強力な電磁波(無意識によるもの・意図的によるもの)により、サーバーが誤動作を起こしたり、故障に至らしめる電磁波(サイバーテロ)への対策が急速に問われています。電磁波により、情報資産が漏えい・破壊となれば社会の根幹に関わる大きな問題となります。シールドサーバーラックの導入は情報資産セキュリティ対策に有効な手段となります。

シールドラックNERシリーズ

 

非 磁 性

非磁性素材を使用、超軽量、耐震性能は1G(300kg搭載時)、優れた耐久性と耐腐食性

強力な電磁場の発生する環境であっても、磁力の影響を受けることがない非磁性素材を使用した19インチラックを提供しています。RNCシリーズの場合は、大部分にアルミを使用し、軽量、高剛性等の数々のメリットがあります。

非磁性オールアルミラックRNCシリーズ

 

免 震

のせるだけで揺れが大幅に減衰!

弊社が取り扱っている免震装置の場合は、耐震構造の30~50%(半分以下)に地震応答を低減させることができるため、耐震以上に地震から大切なものを守ることができます。
ベアリングの転がりを利用した免震システム「マグニクレードルSIシリーズ」は、揺れることで地震の衝撃を緩和します。この免震装置に19インチラックのせるだけで優れた免震性能を発揮し、サーバーに保存された情報資産等を地震から守ることができます。

免震装置SIシリーズ

※他の製品のご提案も行っております。